戦国高校に出て来る武将達がどんな人達か調べてみた②【パワプロアプリ】

気持ちよく五月晴れとはいかない天気が続いていますが,皆様のご機嫌はいかがでしょうか。むーよしです。

 

さて,本日は戦国高校に出て来る武将について知らベてみたの第2回です。アレステース強化のアプデがあったりしたもので,前回から大分間が空いてしまいましたが,ともかくやってしまおうということで今回もお付き合いいただけると幸いです。

 

 

武田信玄

1521-1573 甲斐(現山梨県

 甲斐の虎と呼ばれ,軍旗に風林火山の四字を掲げた武将。風林火山は孫氏の兵法に基づいた心構えで 「疾きこと風の如く,徐かなること林の如く,侵掠すること火の如く,動かざること山の如し」という意味です。この信玄,21歳の若さで家督を継いでいるのですが,その方法が過激。戦ばかりして民を顧みない父親を国を留守にしたすきをついて追放し,自分が武田家の当主となるんです。つまり実の親を追放して当主になった。歴史に名を遺す人物は凄いですね。
 当主となった後は上杉謙信織田信長と戦いを繰り広げます。謙信の領地で一向一揆が起こるように煽って謙信を封じ,室町幕府の将軍や本願寺,越前の朝倉家,近江の浅井長政などを味方にして信長を抑え込み,徳川軍を戦で破り,天下統一まであと少しというところまでたどり着くのですが,病に倒れてなくなっています。

 

山本勘助

 1493(1500?)-1561 出自不明

 武田信玄に仕えた武将。諸国を流浪した後,武田氏の家臣にその才能を見出され信玄に召し抱えられたとされています。流浪人であったため信玄の開く会議には呼ばれず,会議の前に信玄がこっそりと呼んで勘助に作戦を提案させていたため「陰の軍師」という呼び名があります。ただ出自については不明で,そもそも架空の存在であるという説まであります。川中島の戦い(武田vs上杉)にて,キツツキが木の反対側をつついて虫が木から這い出してきたところを狙う動きを応用したキツツキ作戦を立てて決行するのですが,上杉謙信によって作戦は見破られ,失敗の責任を感じた勘助はそのまま上杉軍に突撃し壮絶な死を迎えたということです。なおその戦いでは結局上杉軍が撤退しています。

 

上杉謙信

1530-1578 越後(現新潟県

 武田信玄と5回にもわたる川中島の戦いを繰り広げた武将。義を重んじた武将としても有名です。戦国時代でも屈指の戦上手とされ、その神懸った戦績から後世、軍神や、「越後の龍などと称されています。もともと謙信は家督を継ぐ予定はなく,兄が領主となり自分は寺に修行に入ります。しかし兄は病弱で家臣をまとめることが出来ませんでした。そこで謙信が寺から戻ります。戻ってしまえば反乱を鎮めて国内の実権を握り越後を統一。その後,信玄と5度にわたる川中島の戦いなどを経て1561年,関東を支配する役職を室町幕府から与えられます。最期は1578年に病死します。お酒が好きで梅干しなどを肴にして呑んでいたと伝えられていて,そうした生活がたたったのかもしれません。ちなみに実は女性だったのではないかという噂があります。

 

 

毛利元就

1497-1571 安芸(現広島県

 元就は家を継いだ時には周りに尼子氏や大内氏といった有力大名に囲まれていました。毛利家といえば中国地方を支配した名家というイメージだったんですが,もともとは広島県西部ぐらいしか支配してなかったんですね。そこでまずは大内家に近づき傘下に入り,戦果を挙げて領土を拡大します。また敵対関係にあった宍戸氏との関係改善に努めます。さらに3人の息子に期待をかけ,「1本の矢はたやすく折れてしまうが,3本まとめると折れない。だから兄弟3人,協力せよ」と教育し,次男と三男を吉川家,小早川家に養子に出し,その後目を継がせます。この3人の息子のうちの1人,吉川家に入った次男が吉川元春です。こうして着々と力をつけていきました。
 その後,関係が悪化した大内家の陶晴賢と戦となり,5000人弱の兵で2万人超の兵力を討ち倒すというジャイアントキリングを成し遂げます(厳島の戦い)。また尼子氏の当主の死に乗じて尼子氏を攻めて攻略するなどして中国地方の覇者となりました。

 

吉川元春

1530-1586 安芸(現広島県

  戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で,毛利元就の次男。父・元就によって藤原南家の流れを汲む安芸国の名門・吉川氏に養子として送り込まれ、家督を乗っ取る形で相続します。弟の小早川隆景と共に「毛利の両川」と呼ばれ、山陰地方の政治・軍事を担当し,毛利家を実質的に支えました。元春の勇猛ぶりは、父である元就が「我は戦では元春には及ばぬ」と評したほどで,生涯で幾多の合戦に臨み、数多くの勝利を収め、一度として敗れたことのない不敗の猛将として言い伝えられています。

 

 

最期に

 いかがだったでしょうか。こうして歴史上の人物の来歴を調べてみると,ちょっと状況が違えば歴史も全然違ったものになっていたかもしれないなと思いました。武田信玄が病に倒れず天下人になっていたらとか,毛利家が強くなかったら豊臣秀吉はどんな政治を行っただろうかとか,想像が掻き立てられますね。少し学んでみるだけで新しい可能性に気づかされる。世界って面白いものです。

 

それでは,また。

 

 

 第1回目はこちら

mooyoshi.hatenablog.com

 

パワプロアプリのダウンロードはこちら

www.konami.com

 

参照文献

Wikipedia  Wikipedia

戦国武将一覧 戦国武将一覧 (hikak.com)

富増章成(2017) 超訳戦国武将図鑑  かんき出版

矢部健太郎(2015) 超ビジュアル!戦国武将大辞典 西東社

 

 

お家時間に家電を奇麗にしています

今週のお題「おうち時間2021」

 

良い気温の割には風が強かったり雨が降ったりでお散歩に気軽に行けなくてモヤモヤしてます,むーよしです。

 

さて,今日はお家時間の過ごし方について。タイトルの通り,最近は掃除をすることが多いです。

 部屋の片づけや物置の整理なんかもやりつつ,電子レンジを磨いたり,冷蔵庫の汚れを拭き取ったりといった普段ちょっと怠けがちな家電の掃除をやっています。

  

電子レンジは汚れていると温める機能が弱くなると言いますし,冷蔵庫も内部が汚れていると冷却の効率が悪くなるらしいです。食品を扱う家電ですし,きれいな方が良いよねってことで掃除したんですが,結構大変でしたね。


特に電子レンジは恥ずかしながら何年も掃除なんてしていない代物でしたので相当しんどかったです。
食品の油が固まって汚れているので普通に雑巾なんかで水拭きしてもなかなか汚れは落ちなくて,食器用洗剤を使ってスポンジで磨いたんですが,スポンジが汚れを大量に吸ってすぐに汚くなりました。
ちょこちょこ掃除しないとだめですね。反省してます。

 

ただ物がきれいになるとちょっとスッキリした気分で過ごせるので,この機会にみなさんもお家の気にはなっているけどやってみてない部分の掃除,やってみてはいかがでしょうか。

 

それでは,また。

パワプロアプリのアプデを遊んでみての感想

つつじの花は蜜を吸えるって情報は知っているけどやってみたことはありません。むーよしです。皆さんは経験ありますでしょうか。

 

さて,昨日4月26日にパワプロアプリのアップデートが来まして,1日触ってみての感想を綴っておきたいと思います。

 

 

アレステース強化&最強決定戦

 今回のアプデの目玉ですね。私は最近再開したばかりなのでアレステースの全盛期は知りません。システム等も全くの初見でやってみた感想としては,「戦国の方が強そう」。
 というのも,私キャラが全然集まってないんですよね。テンプレに入ってる神良とかあんことかユニ恋みたいなキャラほとんど持ってないです。触ってみた感じアレステースは,初めの方に金メダルを取りたい競技orオールマイティの競技適正を持っていて,タッグ練習を踏みやすく,かつデッキ全体として上限突破等を整えられるキャラが欲しいと感じました。しかしそうなると自前でデッキ組むのも結構ハードルが高いんですよね。もちろんこれから研究も進むし,アレステース仕様のガチャも来るでしょうから今後次第ではありますが,現状とりあえずテンプレデッキが組める戦国の方が私にとっては強いかなと思ってます。
 最強決定戦の方は,チームランクが同じ人たちと競うことになるんですね。「報酬はランクによって異なる」の意味が最初分かりませんでした。報酬となる最強ポイントはとりあえず1日1人育成すればまとまったポイントがもらえるので,デッキ組めない勢としてはおいしいです。無料でもらえる報酬としては十二分ですね。

 

野球世界大会

 他シリーズにある栄冠9みたいなモードですね。練習とイベキャラの採用でチームを強くして強敵と戦うっていうゲーム性は凄く好きです。沢山イベキャラを持っている人の優位性も,キャラを持っていない人でもクリアできるような配慮もどっちもあって,誰でも楽しめるようになっていていいと思います。ただ,「時間かかるなぁ」とは思ってしまいますね。試合チケットを消費して試合を行うシステムなので,出来ればちょっと空いた時間に消費するって遊び方をしたいですが,操作するタイミングも多いですし,1試合毎に育成やチームの編成が入るので,通常のスタジアムに比べてかなり時間がかかってしまいます。以前にあったサイコロパレードはとりたい報酬をとってしまえばそれでお終いにもできましたが,上限なく報酬ももらえるので走っておきたいのもあって悩ましいところです。

 

その他

 あとは,新しいガチャが来たり開眼が300点まで積み込めるように調整されたりもしましたね。ガチャに関しては私は引きません。新キャラの2人が解放進むように設計されてるガチャですが,私は新キャラだけ引いてもどうしようもなさそうだし,ワールド友沢のPSRが近いうちに来るかもしれないので石を温存です。
 開眼の調整の方はうれしいですね。どうしても1か所の経験点だけ突出して取れてしまうことってあるのでそこを調整できるのはうれしいです。何の点がどれだけいるのか分かるようになったのもGood!「これどんな特能だっけ?」と分からなくなる復帰勢としてはありがたい仕様変更です。 

 

 

とまぁこんな感じですね。全体としてみんなが楽しめるように設計してあって良いアプデだと思いました。引き続き楽しんでいこうと思います!

 

それでは,また。

 

実況パワフルプロ野球(パワプロアプリ)公式サイト (konami.com)

戦国高校に出てくる武将達がどんな人達か調べてみた①(パワプロアプリ)

日の光がまぶしく感じる季節となりましたが,皆さまはどうお過ごしでしょうか。

 

本日はパワプロアプリの戦国高校にて出て来る武将や大名について,それぞれがどんな人達なのか気になって知らベてみました。今回はその第一弾です。
(本当はアプデが来る前に①だけでも出したかった・・・)

 

 

織田信長

1534-1582 尾張(現愛知県)
 みなさんおなじみの大うつけもの。若い頃は着物は片袖を脱いで丈の短い袴をはいて,およそ武士の子と思えぬ様子であったらしい。弟に家督を継がせるべきとの意見さえ家臣から出るほどだったそうだが,今川義元が大軍を率いて尾張に攻め入った際に桶狭間の戦いで義元を討ち取り,家臣を納得させるとともに全国に名を轟かせた。その後多くの者を相手取って戦い,特に鉄砲を使って武田勝頼に勝利した長篠の戦は有名。勢いに乗って安土城を築き,楽市楽座などの政策で経済を発展させたが,明智光秀の謀反によって謀殺された。ちなみに信長の娘については,ほとんど詳細が不明であるそうです。

 

明智光秀

1528-1582 美濃(現岐阜県
 三日天下で知られる武将。去年の大河ドラマの主役も務めましたね。頭脳明晰で特に医術に関しては当時としてはとしては高度な知識や技術を身に着けていたと推測されているそうです。数多くのパワハラを信長から受けた怨恨から,「敵は本能寺にあり」と言って本能寺の変を起こして信長を殺害。その際には火矢を放って本能寺を焼失させた。その後は秀吉に山崎の戦いで敗れてなくなっています。

 

石田三成

1560-1600 近江(現滋賀県
関ヶ原の戦いで負けた人という印象の強い方。この人がなぜ豊臣家の家来として有力な人になったのかということについて3杯のお茶の話があるそうです。秀吉がある日鷹狩りをしていて,その帰りに寺に立ち寄って茶を求めたところ,寺の小姓だった幼き日の三成が最初に大きい茶碗にぬるい茶を入れて出し,次は少し小さい椀にやや熱めにした茶を出して,最後に秀吉が試みにもう1杯所望すると今度は小さい器に熱い茶を出したそうです。相手の状況に対応する配慮を秀吉が気に入って三成を連れて帰ったという話です。幼いころから気配りにたけていたということですかね。秀吉も信長のわらじをずっと懐に入れて温めていたって話がありますし(信憑性は薄いそうですが…),そういう配慮が出来る人は好きだったのかもしれません。ちなみに戦では主に後方支援や諜報活動で功を挙げていた模様。

 

 

直江兼続

1560-1620 越後(現新潟県)→米沢(現山形県
 上杉景勝に仕え徳川家康と敵対し,「愛」の一字を兜の前立にした武将。国を運営するセンスは並外れたものがあったようです。農業にも精通していた。ちなみにアプリには直江状ってのが出てきますよね。これは上杉景勝が秀吉亡き後不穏な動きを見せる家康を警戒して新しい城を立てようとした際に,家康から謀反の疑いがかけられる。それに対して「謀反なんてしてないし,あなたこそ謀反しようとしてるんじゃないの?」という嫌味たっぷりの返答をしたそうで,これが「直江状」って呼ばれているそうです。

 

島津義久

1533-1611 薩摩(現鹿児島県)
 島津家は九州一帯では一大勢力を誇り,義久の代では九州統一までも手が届きそうな勢いだったそうですが,残念ながら豊臣秀吉に敗れ,その後は秀吉に従うことになったそうです。大友軍との戦の際に,無秩序に川を越えて攻めてくる相手に対して伏兵を次々と繰り出して壊滅させた耳川の戦いが有名で,このとき使った戦法の名前が「釣り野伏」というそうです。ちなみに又四郎こと義弘は弟で,義久自身には又三郎という別名があります。

 

島津義弘

1535-1619 薩摩(現鹿児島県)
 島津義久の弟で,鬼島津の名で親しまれている武将。義久と同じく九州統一を目前にして秀吉に降伏することとなります。その後秀吉に従うこととなり,関ヶ原の戦いでも石田三成率いる西軍につきました。結果はご存知の通り西軍の負け,島津軍は後ろに山,その他は敵軍に囲まれて動けない状況になります。しかし,そこから「敵中突破」という作戦をとり,島津軍全軍で敵群の中を突っ切って逃げ切ったそう。多くの兵士が死んでしまいましたが,この作戦で生き残った義弘には東軍からも称賛があったそうです。アプリ内での中央マスの兵力アップはこの逸話から来ていそうですね。

 

 

 

 以上,まずは6名についてまとめてみました。もうアップデートが来てしまって戦国高校をプレイする機会はほとんどなくなってしまうかもしれませんが,今まで戦ってきた相手がどんな人たちだったのか少しでも知って楽しんでいただけたら幸いです。残りの人たちも順次公開していくつもりです。

 

それでは,また。

 

第2弾書きました!こちらからどうぞ!

 

mooyoshi.hatenablog.com

 

 

 

実況パワフルプロ野球(パワプロアプリ)公式サイト (konami.com)

 

参照文献

Wikipedia Wikipedia

富増章成(2017) 超訳戦国武将図鑑  かんき出版

矢部健太郎(2015) 超ビジュアル!戦国武将大辞典 西東社

パワプロアプリにはまってます【レビュー】

初夏の訪れを感じるようになってきましたが,みなさまはどうお過ごしでしょうか。

 

ここしばらくブログの更新をしていなかったのですが,理由はタイトルにあります通りパワプロアプリというゲームにはまってしまってそればっかりやってたせいです。

 

という訳で本日はパワプロアプリのご案内。

 

 

1パワプロアプリってどんなゲーム?

 パワプロアプリ(正式名称:実況パワフルプロ野球)は,KONAMIさんが2014年にスマートフォン向けアプリとしてサービスを開始したゲームで,現在までに4400万ダウンロードを突破しています。
 ゲーム内容は,パワプロシリーズではおなじみの「サクセス」と呼ばれるストーリーモードの中で高校球児を育成し,より強い野球選手を育てあげることを目的とした育成シミュレーションゲームになります。サクセスで選択できる高校の数は現在では20を超えていて,中には「ダイヤのA」や「北斗の拳」といった作品とのコラボ高校も存在します。各高校でストーリーや育成のために重要な部分が異なるので,様々な楽しみ方が可能です。
 また,育成した選手を使って試合を行うことが出来るスタジアムモードもあります。ほかのプレイヤーのチームと試合をさせることが出来るほか,イベントが開催されることも多く,たくさん試合をこなして条件を達成することで報酬が得ることが出来ます。

f:id:mooyoshi:20210420175912p:plain

ゲーム開始画面。現在はディズニーイベントが開催中



2むーよしがはまった理由

 実はパワプロアプリを遊んだのはこれが初めてではなく,2年ほど前にやりこんでいて,それからたまにログインするだけって感じだったんですが,久しぶりにちゃんとプレイしたらまたはまってしまいました。私がはまった理由はとても単純で,サクセスがとにかく楽しいからですね!強い選手を育てるための試行錯誤が本当に面白いんです。
 サクセスではまずどの高校でプレイするかを決め,一緒に高校でプレイするキャラクター(イベキャラ)を選択し,ストーリーを追いながら練習を積み重ねて選手を強化していきます。イベキャラを連れて行くと決まったイベントを発生させるほか,一緒に練習することで効果の高い練習が出来たりします。ただし,いつ誰のどのイベントが発生するか,一緒に練習してくれるかどうかといったことは運任せです。高校毎の育成システムも大きく運が絡むことが多いです。そのため,同じ高校,同じキャラクターを選択していても同じサクセスは一度としてありません。そのため,そこまでの育成具合や今後どうなるかの予測を立てながら1ターン1ターン最善の行動を考える必要があります。
 うまくはまって大成功することもあれば,当てが外れてしまったりと成功失敗を繰り返しながら,自分なりの立ち回りを確立していき,結果として良い選手を育てることが出来たときにはとても達成感があります。

f:id:mooyoshi:20210422164543j:plain

高校で出会ったキャラクターとともにストーリーが進み,一緒に練習を重ねる



3無課金でも遊べる?

 スマホゲーと聞いて多くの方が気になるだろうと思う課金がどれくらい必要なのか,という点。パワプロアプリ内では主にサクセスに連れていくイベキャラを入手するためのガチャに課金アイテム(パワストーン)を使います。このパワストーンはログインボーナスや各種チャレンジ,イベントの報酬などからももらえます。
 で,結局課金が必要かというと,無課金で十分遊べます。私も完全無課金で楽しく遊ばせてもらってます。ログインボーナスをもらって,報酬のもらえるイベントに参加して,無駄遣いせずにタイミングを計って使えば十分どうにかなります。
 ただし,上位勢の人が育てる選手と同レベルの選手は基本育成できませんし,育成の幅は狭くなります。また,イベントでもランキング上位に入ることは難しいです。やるからには頂点を目指したい!というタイプの方は課金必須となります。


4まとめ

 いかがだったでしょうか。パワフルプロ野球というビッグタイトルのスマホ版という安心感もあり,とても楽しく,課金も気にならないという良く出来たゲームなので,ぜひ一度プレイしてみて欲しいです。

 

パワプロアプリ公式サイト

www.konami.com

 

AppStoreからダウンロード

https://apps.apple.com/jp/app/shi-kuangpawafurupuro-ye-qiu/id938506958?ls=1&t=1564047077932

 

Google playからダウンロード

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.konami.pawapuroapp

私の嫌いなタイプの人

凛とした曇り空に遠いあの人を想うこの頃,みなさまはどうお過ごしでしょうか。

 

今日は私の嫌いなタイプの人について書いてみたいと思います。

 

私は職責を果たそうとしない人,簡単に言えば,割り当てられた仕事をしようとしない人が嫌いです。
配達員であれば荷物を届けること,英語教師であれば英語を教えること,清掃員であれば掃除をすること,料理の説明をする人なら料理を説明すること,といった仕事です。
そうしたその仕事の人に求められる仕事をしようとしない人が嫌いです。

「しようとしない」と書いているのは,実際に職責を果たせているかということとではなく,職責を果たすための努力をしているかが重要だからです。
配達員の例で言えば,時間に間に合うように努力はしたけど遅れてしまった人は嫌いじゃないです。時間に間に合わせる努力をしないで平然と遅れてくる人が嫌いです。

 

私が実際に経験したもので言えば,料理を全然説明してくれない人がいました。
とある旅館に泊まった時のことです。そのお宿は夕食をお部屋でとるタイプで,部屋ごとの担当者が料理を運んできて説明してくれるシステムでした。
ただこの時の担当の人が,ほとんど料理の説明はせずに雑談ばかりして帰っていくので私はすごくモヤモヤしました。
そういった雑談が好きな人もいるでしょうし,料理の説明なんて興味がないという人も多いと思います。私と一緒に泊まった人もあまり気にしていない様子でした。ただ,私は説明を聞きたかったし,それは運んでくる人の仕事だと思っているので嫌だったんです。

 

何でそういう人が嫌いなのかというと,単純に無責任に見えるからです。
私は良くも悪くも責任感が強く,求められている役割や必要とされている仕事を察知してこなそうとしてしまいます。そうした私の気質の裏返しで,明確な役割が決まっているにもかかわらずそれを果たそうとしない人がいると無責任に感じてしまうんです。
自分が大事にしていることを大事にしていない人を見るとムカついてしまうってやつですね。私の場合はそれが職責を果たそうとしない人に向くということです。

 

さて,今日は私の嫌いなタイプの人の話を書いてみましたが,いかがだったでしょうか。
共感してくださる人もいれば,「そんなこと気にしないわー」って人もいると思います。
「わざわざこんなことブログにあげるお前の方が嫌い」って人も中にはいるかもしれません。
世の中には多くの人がいて,これからも嫌いな人に出会うし,私もたくさん嫌われるのだと思います。ただ,出来ればストレスは少なく生きていきたいものです。
どうしたら嫌いな人とでもストレスなく付き合って行けるのかなー,なんてことを考えながら今日は筆をおきたいと思います。

 

それでは,また。

「ブログに何を書くべきか」という悩み

元気な鳥のさえずりに急かされて,少し早足になってしまった私です。
みなさまはどうお過ごしでしょうか。

 

さて,本日は私の悩みについて書いてみようと思います。
内容は「ブログに何を書くべきか」です。

私は教える側ではありません。もしタイトルを見て「勉強しよう」と思って見に来てくださった方がおられたらすみません。

 

私は人に見せるための文章を書いてみたいと思ってブログを始めました。好きなように書きたいことを書いているうちに,文章力が上がったりしたらいいななんて考えながら始めました。

 

 しかし,始めて1週間もたたないうちに「何を書くべきか」と悩んでしまっているのです。

 

「こんなことを書くべきなんじゃないか」「こうした題材の方がウケるんじゃないか」「いいものを書くためにちゃんとした経験を積まなきゃいけない」といった考えが巡り,なんだか書くことそのものがおっくうになってきます。 

 

 向上心があることはいい事なのですが,好きなことを書くために始めたブログで,「ブログに何を書くべきか」と考えて私の好きな様に書けなくなってしまったのでは,本末転倒としか言えません。そもそも誰も見ていないブログでそんなことを悩むのは馬鹿馬鹿しいなとも思います。

 

それでも悩んでしまうんですから,好きにやるというのも難しいものだなと感じます。
そこで思い切って,悩みそのものを記事にしてしまいました。拙い文章ですが,読んでくださった方に何かが伝わっていたら嬉しいです。

それでは,また。